Kanagawa Breast Network (神奈川乳腺治療ネットワーク) について

ご挨拶

日本人女性にとって、乳がんは特別な病気ではなくなりました。乳がんは様々な特徴をもった細胞からなる病気で、それを理解した治療の選択が大切です。検診で精密検査を勧められた時やお乳に異常を感じた際に、専門施設を探さなければなりません。多くの方は、どのような施設を訪れたら良いか迷われると思います。そのような時、自宅や仕事場の近くに信頼できる病院やクリニックがあれば、ひと安心です。

ここにあげた専門施設は大病院からクリニックまで様々の規模です。いずれも乳腺疾患の診療経験が豊富な医師がいる施設です。出身は様々ですが、お互い顔見知りで交流が盛んです。乳腺疾患に悩まれる患者様へのサポートの一つとして、このネットワークを活用していただきたいと思います。

役員

北里大学病院 蔵並 勝 
湘南記念病院 土井 卓子
横浜市大センター病院 石川 孝
聖マリアンナ医科大学病院 津川 浩一郎
いしいクリニック乳腺外科 石井 誠一郎
よこはま乳腺・胃腸クリニック 久保内 光一
横浜青葉台クリニック  小田切 邦雄
もみやまクリニック 籾山 信義

会則

第1条:(名称) 本会は「Kanagawa Breast Network(神奈川乳腺診療ネットワーク)」と称する。
第2条:(事務局) 本会の事務局は 北里大学病院外科 内に置く。
第3条:(目的) 本会は乳腺疾患の診療における医療連携に関する諸問題を検討し、その充実と進歩をはかることを目的とする。
第4条:(活動) 本会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
 (1)研究会を原則として年2回開催する。
 (2)乳腺疾患における連携の諸問題について、解決策を検討する
 (3)乳腺疾患に関する意見交換をする
 (4)その他本会の目的を達成するための事業
第5条:(会員)  (1)本会の会員は乳腺疾患に関する治療あるいは研究に携わる者で本会の目的に賛同し、
      会費を払い、本会の事業に参加・協力するもの
 (2)本会の開催する研究集会へ参加したもの
第6条:(役員) 本会に次の役員を置く。
代表委員 1名 蔵並 勝
運営委員(プログラム委員)
土井 卓子
石川 孝
久保内 光一
籾山 信義
会計 1名 石井誠一郎
監査 1名 小田切邦雄
第7条:(運営)  (1)役員は役員会による承認を必要とする。
 (2)役員は役員会を組織し、会務を処理する。
 (3)代表委員は運営委員の互選によって選出される。
 (4)代表委員はこの会を代表して会議を統括し、必要な会議を招集する。
 (5)役員会は最高の意志決定機関とする。
第8条:(会則の改定) 会則の改定の必要が生じた際には、役員会にて承認を得る。
第9条:(会計業務)  (1)本会の経費は会費、その他の収入をもってあてる。
 (2)会計業務については事務局が行う。
 (3)収支決算は毎会計年度終了後に作成し、監査役の会計監査を経て役員会の承認を受け
      総会に報告しなければならない。
 (4)会計年度は1月1日より同年12月31日までとする。
第10条:(会費)  (1)本会の開催する研究集会への参加費をもって会費とする。
 (2)会費の額は施行細則に記載する。
施行細則  (1)集会参加費として1,000円/回とする。
 (2)施設参加費として初回10,000円とする。
 (3)本会則は平成22年6月1日より施行する。

PageUP